ニンニクのアンチエイジングにおける役割と特徴 

MENU

ニンニクのアンチエイジングにおける役割と特徴

料理に一味加えるとうまみ度がぐんと上がるにんにくですが、おいしさ効果だけではなく、今話題を集めるアンチエイジング効果ももたらすといわれています。アンチエイジングで注目されるまでにも、血栓ができるのを防いで動脈硬化や心臓病を予防したり、血糖値や血中コレステロール値を下げ、更にはガンを予防する効果まで持つことで、医療の場面でも一目置かれていた食品です。

 

そのにんにくがついに美容の世界にも注目され始めたのです。そのアンチエイジング効果ですが、にんにくに含まれているアホエンという成分に坑酸化作用があり、この作用がアンチエイジングに効くということがわかっています。アホエンの効能としては動脈硬化を防いだり、記憶力改善といった脳年齢の若返りまで期待されています。

 

もちろん美肌効果もあり体内からの若返りだけでなく、見た目年齢の若返りも得ることができるのです。

 

しかし、問題はにんにくの接種方法なのです。高温の熱には有効成分が分解されてしまうため、目的の成分が接種できないのです。

 

かといって、生で食べればにんにくの臭いが・・・。どうにもこうにも以下中と思いきや、実はにんにくを調理前につぶすことで、加熱してもその有効成分が消えないことが海外の大学での研究で明らかになったのです!!これは朗報ですね。さっそくにんにく料理に取り掛かりましょう!!

 

アルギニンのアンチエイジングにおける役割 

アルギニンのアンチエイジングにおける役割とは、どのような効果が
期待できるでしょうか。
アルギニンは生きていくために必要なアミノ酸の一つです。

 

アルギニンは、主にホルモンの分泌に大きく関係します。
アルギニンは体内の活性化や免疫反応の強化や筋肉の強化に作用します。

 

アルギニンは抗加齢・抗老化と呼ばれるアンチエイジングに大切な成分と言われています。
その理由は、身体の若返りに有効な働きをするためであるといえます。

 

アルギニンは、筋肉や内臓、血管や皮膚、毛髪や関節組織等、人間の身体の約20%を構成するタンパク質の生成を手助けするアミノ酸の一種です。
もしも、あなたが体重50㎏であれば、そのうち10㎏がアミノ酸で構成されているという計算になります。

 

アミノ酸は身体を構成する上で基本的な物質であると共に、体内のあらゆる働きをサポートする、とても重要な成分です。
アルギニンは自然に存在するアミノ酸の一つです。

 

アルギニンは体内において、グルタミン酸から生成される成分ですが、生成能力は充分とはいえず不足分は体外から摂取しないと
アルギニンが不足してしまうので注意が必要です。

4ページ表示

#サイト名PRリンク