薬用きのこのアンチエイジングにおける役割と特徴

MENU

薬用きのこのアンチエイジングにおける役割と特徴

 

老化と関連のあるビタミンやミネラルの摂取に、きのこがいいというのは栄養学的に有名ですね。ビタミンとミネラルは、病を防ぐことでもよく知られおり、健康を保つのに用いられています。また、肌の美容にもきのこの効能は大きいと言えます。

 

きのこは中国では何千年もの間、健康維持・免疫効果といった薬用として、長寿のためにも使われてきました。現在、多くの科学的研究が行われ、キノコの有効性が立証されています。きのこといってもその種類は数多く、薬用きのことしてたいへん高く評価されるものがありアンチエイジング効果へ期待大の食品です。

 

動脈硬化症や咽頭炎等息切れを起こす冠状動脈性疾患の予防と治療にも効果があると確認されています。老化に伴い現れるアルツハイマー病でも、脳内に生じる有毒タンパク質、アミロイドβペプチドから神経細胞を保護する機能が確認されています。

 

また、薬用キノコという分類で、マンネンタケ、メシマコブ、アガリクスなどは、特に健康に良いさまざまな機能性効果を発揮することが立証されているようです。アガリクスなどは、サプリメントとしても注目されていて、ガン予防や正常な細胞を活性化させ、新陳代謝をうながす作用があるのと期待されています。

 

キノコうまみが強く、さまざまな料理に使われているので、簡単に日常に取り入れられますね。

レスベラトロールのアンチエイジングにおける役割と特徴

 

レスベラトロールというのは、アンチエイジングにとても効果的と言われています。その特徴は、カロリー制限をしなくても、サーチュインを活性化することができるところです。
カロリーを制限すると長寿遺伝子と言われるサーチュインが活発になるのですが、レスベラトロールを摂取するとカロリー制限を続けなくても、サーチュインを活性化することができます。

 

レスベラトロールというのは、ブドウに含まれるポリフェノールのことで、抗ガン作用、神経保護作用、寿命延長など、色んな効果があります。ぶどうの皮、赤ワイン、ピーナッツなどに、レスベラトロールは多く含まれていて、その役割は、放射線障害から体を防御し抗酸化作用があり、血管を若返らせる働きがあるところです。

 

また、食べ過ぎによる代謝ダメージを緩和する作用もあります。そして、美しい肌を作る効能もあり、認知症を予防する働きもあると言われています。

 

他にも、メタボリックシンドロームを予防したり、眼病予防効果もあります。
実際に動物実験でもその効果が認められていて科学的根拠があります。レスベラトロールは今ならサプリメントでも簡単に摂取できます。

3ページ表示

#サイト名PRリンク